「私は影でじゃなく、本人の前で言うからいい」は真実か?

May 27, 2019

 

 

影で、そこに居ない人のことをコソコソと噂するのは良く無い、

でも、張本人を目の前に自分の思ったこと、言いたいことを話す。

だから、この方法は良い。

 

 

でも、果たして本当にそうだろうか?

 

 

そこにフォーカスする出来事がありました。

 

そして、紛れもなく、私はそう発言する人の中に、かつての自分の姿を見ました。

 

彼女の持論は、以前の自分の持論と同じです。

 

しかし、直接相手に話をする時、もっと大切なことがある。

さて、それは何でしょう。

 

 

私はそれを、愛であり、思いやりであり、心であると捉えています。

 

相手に言葉を放つタイミング、表現の仕方、抑揚など、

発言の全てに発する人の想いが含まれます。

 

 

直接であろうと、相手に怒りで包んだ言葉を放つことなどは

相手を傷つけたり、悲しませたりします。

 

 

直接言うから良いのではなく、

自分の愛という起点から、相手に渡したい言葉なのか、

想いなのかが大切なのだと思います。

 

 

完全な愛からの言葉では無いものは、その場で、そのタイミングで放つものでは無い。

私はそう考えるようになり、そう行動するように気をつけています。

 

 

自分と同じように、相手は強く無い(強がれない)ものである、

そういう視点でいることは、本当に大切なことなんだなと腹落ちする良い機会でした。

 

 

 

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事