大事なのは頑張ることではなく・・・

September 13, 2018

昔「頑張ってる人が素敵」的な時代がありました。

お稽古事して、仕事、料理、エステ、ジム、自分磨き・・・

「頑張って輝いている人」が雑誌やメディアで取りざたされる、

そんな「頑張っているあなた推奨ジェネレーション」。

 

 

私は「頑張って!」と言われることが、随分前からイヤでした。

「勉強、頑張って!」「部活頑張って!」、

言われた時に自分の頭をよぎるのは「今だってやってるのに、

なんで頑張んなきゃいけないんだよー!」と言う言葉。

 

 

頑張っているのか、頑張っていないのかを相手に判断されることもイヤだし、何より、その人の前で「常に頑張っていないとダメな自分」なんて、どう考えたってしんどくて疲れる。この判断をするのが「親」だったら、どうでしょう?

 

「〇〇ちゃん、今日はピアノのお稽古よ。頑張るのよ」

「テストで一番取るように頑張るのよ」

「第一希望の学校に受かるように頑張るのよ!」・・・・

 

 

頑張っている自分でなければ、自分には価値がないのかと思ってしまう。

 

 

頑張って、頑張ってと言うけれど、なんの根拠があって、

どうして「頑張れ」って言うんでしょう?

これ、子供の側も、大人の側も「自分の心」に聞いてみることです。

 

頑張れ、頑張れ、今以上に!と今を認めてあげないと、

子供は自己肯定感がとっても低くなってしまいます。

 

頑張っていないと愛されていないと思ってしまいます。

 

頑張ってって、エールのつもりでいう人もいる。

だから、私は「応援してるよ」というようにしてます。

 

 

「応援してるよ」「楽しんでね」

 

「頑張って」という言葉を、私フィルターに通した結果です。

 

自分らしく生きるポイントは「頑張る」のではなく、

自分の中にある「自分だから出来ること」を見つけることです。

 

誰かと比べても見つからないし、どこかに探しに行っても見つかりません。もうすでにあなたの中にあるのです。

 

 

 

 

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事