自分の本音で生きるには?

September 3, 2018

なぜ私はこれをやるんだろう?と、

私は常に、自分に問う。

私はこの状態をどう感じてる?

これでいいの?

これが望んでる状態?

 

日常のわずかなことから、

お稽古事、進学、就職、全てのことに関して。

この会社のやり方でいいの?

真実を知って心はどう感じる?

全てを犠牲にして、我慢して、

私は何を誰のためにして、

どこに向かうのだろう?

 

大人たちだけでなく、

子どもたちも、いつも自分の心に問い、確認することは、

自分の人生を生きるためには息を吸うことと同じくらい

自然で重要なことなのです。

 

「どうして僕はこれをやっているの?」「私は好きじゃないに、

続けなきゃいけないのはなぜ?」

「どうしてみんなと同じじゃなきゃダメなの?」

 

始めた理由と、向かう先が分からなくなると、

自分の中から生まれたのではない

「よく分からないけど、根強い一般論や人の意見」を理由にして、

続けることを選択する。

 

自分が悲しくなる扱いや、痛みを受けても「こういうものなんだ」と無理に思い込み、

納得してしまうと本当に自分の望んでいることが分からなくなる。

 

身体にいいと言われても、みんながやっていると言われても、

世界の常識と言われて、私は常に自分に聞く。

「私はそれでいいの?」

 

答えは必ず自分の中心に、いつもあります。

 

 

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事