共感ばかり求めると世界は狭くなる

March 21, 2018

「好きな人と付き合いましょう」「好きな人だけお客さんにしましょう」

 

そんな表現をよく聞きませんか?

 

この時点で「好きな人」「嫌いな人」という二極化が起きています。

 

私たちは特に意識せずこういう表現をしているだけで、

自分の現実の世界を条件付け、決定づけています。

 

こうすると、嫌いなタイプの人と、好きなタイプの人が

自分の人生に現れるようになります。

 

 

好きな人って、どんな人でしょう?

 

あなたに共感してくれる人たちですか?あなたの気分を損ねず、

あなたの言うことを受け入れてくれる人たちでしょうか?

 

 

共感ばかり求めていると、自分の世界は狭まっていき、

創造が起こりにくい環境になっていきます。

 

 

どんな場所でどんな生き方をするかは、それぞれが自由に選択できること。

 

 

私は自分と感覚の違う人、意見の違う人、好きなこと、好まないことが

違う人も歓迎します。

 

それが「私のイメージし、生きていく世界」の姿であり、

私が生きていきたい世界だからです。

 

 

あなたは、どんな世界を、どんな人たちと生きていきたいですか?

 

 

自分軸スペシャリスト

中島 未来

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事