ネガティブだと感じている人ほどポジティブな部分がある

March 13, 2018

 

 

 

エネルギーが大きく動いている今、

長年持ち続けている花粉症とコラボして、

毎日ティッシュが一箱無くなる中島家です。

皆さま、お元気でいらっしゃいますか?

 

 

体調がイマイチだと、どうしても心も暗くなりがちです。

ひとによっては、気持ちがどんどんマイナスなこと、

心配なこと、自分を責めるスパイラルに落ちてしまったりも

します。

 

 

私は常々思うのですが、

現時点で自分の影の部分を感じて、そこに焦点を当てている人は、その影の部分よりももっともっと大きな明るい光の部分を持っているということです。

 

 

 

でも、その光の部分を抑圧して、抑えて抑えて生きる幼少期を経験していて、その大きな光の部分が抑圧から解かれたとき、

ものすごいスパークするんだろうなーと感じます。

 

光り輝くライトワーカーとしての姿が、その時、そこに在るのだと思います。ご自身も想像出来ないくらいに眩しい姿が。

 

 

そして、影の部分に悩み、苦しんでいる人に出会うことを重ねて判ったことが1つあります。

 

 

その人が見ている(見てきた)自分の光の部分と、本来持っている部分が、一致していないんだろうなということ。

 

今まで見てきた部分は、自分ではなくて周りが見たいと希望していた部分で、自分本来の光の部分とは違うということ。

 

 

だから、明るいつもりでも、自分を行きているつもりでも、ちぐはぐさを感じて、壁に突き当たる時が来てしまうのです。

 

 

では、本来の光の部分を知るにはどうしたらいいのだろうかというと、自分の影の部分から入っていく。

 

 

その影の先に、本来の光へ続く扉があるのだと思います。

 

 

自分以外の人の期待や希望のために生きてきた人にとって、

自分の影の部分を見るのはとても怖くてしんどいことなんです。

 

 

何故かというと、自分の影の部分は好ましい部分ではなく、

周りの期待を裏切るものであると本人は考えているからです。

 

相手を思って生きている時でも、自分の行動が相手の期待に沿っていないことを恐る人にとって、影の部分を見るなんてとんでもない!、そんなもの見たくない!ことなんです。

 

 

自分の影の部分は、自分に間違いなく存在する自分の一部です。

 

 

その先に、あなたがまだ知らない、自分本来の光の部分が待っているのです。

 

 

あなたが何歳であろうと、男性であろうと、女性であろうと、

暗闇の中を探索する時がやって来たのです。

 

 

以前、セッションをしている時に持っていた疑問に答えが出ました。

 

 

 

 

 

宇宙の法則を使った
ハイブリッド脳ライフシフトコンサルタント

自分軸スペシャリスト
中島 未来

 

 

 

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事