自分の心を探ることこそ、最高の「問題解決」

February 11, 2018

 

最近、何回か耳にしたり相談を受けたりした「上司のこと」と

「病気のこと」に関して、お話したいなと思うことあり、今回のトピックになります。

 

 

上司との人間関係の話を伺う時、「上司の行動は、こんなことを思っているからかも知れない」「こんなことを考えての行動なのかも知れない」など、「推測」がほとんどだということ。

 

 

推測=想像です。

 

 

この「相手の意図や感情を想像する」「推測する」ことも、当然のことであり、大切なことだと思います。

 

 

が!

 

 

これをどれだけ続けていても、何も変わらず、何も解決しないことがほとんどです。

 

 

推測、憶測、想像がどんどん進んでいくと、どんなことが起こるのか?

 

 

相手との距離がどんどん広がっていき、自分の想像の相手が、現実の姿になり始める。

 

 

そして、相手もこちらのことを想像し、現実化し、問題は全く解決しないままになります。

 

 

では、どうすればいいのでしょう?

 

 

「自分の感情、感覚をサーチする」ことを始めることです。

 

 

「上司が言ったあの言葉、私はどう感じている?上司の普段の行動に対して、私は何を感じている?」

 

 

ともすれば、これは、問題解決のための「反対の行動」に感じるかも知れませんが、こちらが、自分に起こる数々の出来事や問題と感じることへの「解決方法」です。

 

 

これは、すべての人に当てはまります。

私もコーチングやコンサルティングをする場合、クライアントさんに自分のことにフォーカスしてもらってます。

 

相手の動向や心の内をどれだけ推測しても、何にもたどり着くことが出来ません。

 

 

ところが、自分にフォーカスし始めると、驚くほどに答えが出てきます。

 

 

この方向からアプローチすることは、絶対的に答えが得られます。

 

 

これを前提に、「自分の病気を周りに言わない」というエピソードを考えてみると、

 

 

有賀さつきさんは、ご自身の病気のことを一切周りには口外しませんでした。家族にも、です。

 

 

ここで「さつきさんは、なぜ言わなかったんだろう???」と推測したところで、永遠に謎のままです。

 

 

では、お父様が「彼女が病気のことを口にしなかったことを、自分はどう感じる?」という方向に視点を移していくと、お父様には答えが出てくるはずです。相手の行動にいきあたる答えは、必ず自分の課題として、自分の中に答えを持っているから。

 

 

残念ながら、私たちがどれだけ考えても、この件に関しては答えは得られないでしょう。

 

 

ただ、このことを「自分のこと」として置き換えて考えた時、新しい学びがそこから生まれてきます。

 

 

誰かと誰かの間に起こっていることは、直接的にはその当人同士の課題です。

 

 

誰かの課題を、遠巻きに自分のこととして置き換えて考える時、それが自分自身にとっての学びを生み出します。

 

 

 

大事なことなので最後にもう一度。

 

誰かとの間に問題を抱える時、相手の感情や視点にフォーカスしていっても、答えは出てきません。

 

自分の中にフォーカスしていくこと。これが、学びから答えを得る方法です。

 

上司、家族、パートナー、友人と問題を抱えている方、やってみてくださいね。

 

 

宇宙の法則を使った
ハイブリッド脳ライフシフトコーチ
中島 未来

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーー

お知らせ 2018年2月

ーーーーーーーーーー

 

メルマガはこちら

◆『自分らしさにシフトする365日』

https://resast.jp/subscribe/83382

自分らしさを閉じ込める枠を飛び越えることを狙ったメルマガです。

 

セッションはこちら

◆ブレない自分軸を確立する個別セッション

http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/8999 

世の中の価値観、意見、世間の動向に振り回されない、確たる自分軸を持ちたい!そんな方に現状を明らかにし、自分軸を固めるセッションを行っています。単発の120分/1回のセッションはなんと、30日間のサポート付きです。

 

 

◆「あなたの現在のステージと、これから起こる変化診断」

https://www.reservestock.jp/page/fast_answer/3496

あなたの波動と人生のステージが現在はどこで、これからあなたに起こりうる変化を、たったひとつの質問にお答え頂くだけで知ることが出来ます。変化をするには、まず現状から。

 

 

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事