【変わりたいのに行動できない理由とは?】

May 16, 2016

【変わりたいのに行動できない理由とは?】

今日は、土曜からの息子の体調不良で
学校お休み。私も家で仕事中。


昨日、
「変わりたいのに行動できない」人が、
結構いるのですよとお話しました。
【人生を早く好転させる一番の方法】


行動出来ない理由もまた人ぞれぞれ
たくさんありますが、

「動いて今より悪くなるのが怖い」
「動いても、良くなる保証はない」
「やり遂げられるか分からない」
「本当に動きたいのか分からない」

こんな理由が多いと思います。


今日から、ぜひ試して戴きたいのは、
私たちが考え、感じている場所は、
心と脳の両方がある、ということを
感覚で理解すること。


通常、どちらも混同されています。


でも、自分の思っていること、
感じていることが、
頭で感じているのか、
心で感じているのかを選別する
習慣をつけると、
良く分かるようになります。


あなたが何かをしたい、変わりたい
というのは、心から湧いてきている
ことが多く、


それに待ったをかける考えなどは、
頭の方から出てきます。
「そんなことして、失敗したら
どうするんだ」とか、
「何にも保証がないのに、リスクを
冒しても良いのだろうか」とか、
「めんどうくさい、今のままだって、
100%じゃないけど、それなりに
幸せだろう?」とか、
何とかして、あなたが行動することに
恐れを抱いて、現状維持をさせようと
します。


これは、以前も書いた、脳の防御本能。
変化を恐れる脳の機能です。


そして、この誰もが持っている思考の
妨害以外に、あなたが動けないとしたら、
動いた経験が少なく、
得た結果が少ないからです。


私たちが自信を持つには、実体験で
結果を得ること。
結果が出ないことに、私たちは
動こうという意識が起きません。


でも、結果は、動かなけれが手には
入らない。
頭で分かっていても、人がなかなか
やらないことのひとつです。


動けば、必ず何かしら結果は
手にできます。

動かなければ、宇宙は応援しては
くれません。


動けない理由を、
ひとつひとつ書き出して、
潰していきましょう。


一人で出来ないならば、
プロの手を借りることも選択のひとつ。
知っている人に聞いた方が、
時間は本当に短縮できる。


あなたは、自分が動けない理由、
いくつ思いつきますか?

 

 

 

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事