• 中島未来

青い男

あなたが学生だった時、合宿などはありましたか?

枕投げや、肝試し、キャンプファイヤー・・・

私が経験したことも、そんな楽しいはずの学生時代の合宿でのことです。




高校生の時、毎初夏の頃に学校の施設で合宿をする行事があった。

山梨県の山中湖近くだったと思う。鉄筋コンクリートの3階建ての宿泊棟と、 食堂やお風呂などが集まる棟があった。

宿泊棟は1階から3階に分かれて、クラスを1グループ7人から8人に分けて、

行動する。部屋割りも同じグループのメンバーだった。

ある年、私が参加していた班は、1階の一番端の部屋になった。

その部屋は丁度建物と建物の影に当たる場所になっていて、部屋に荷物を運ぶために足を踏み入れた時、その部屋の暗さと湿っぽさに「嫌だなあ」と薄ら感じたことを覚えている。

同じ班の友達たちと「なんか、この部屋湿っぽいね、やだねー、あーあ」と嘆き合った。

他の班の部屋を訪ねると、自分たちの部屋とは明らかに違い、カラッとしているし雰囲気も明るい。ガッカリしながらも、合宿は案外忙しい。分単位で動いているうちに、部屋のことも忘れてしまった。

いくつかのレクリエーションと入浴がそれぞれの班ごとで終わり、そこから夕食までの空き時間が自由時間になった。班のメンバーで部屋に戻った時、誰かが「ねえ、こっくりさんやらない?」と言った。

私はそれまでこっくりさんをやったことが無かった。

やったことは無いのだけど、こっくりさんにまつわる怖い話だけは色々知っていた。

本能的には「やらない」を選ぶに越したことはないのに、やっぱり好奇心で「やってみたい」と思ってしまった。

何人かは「えー、怖いよー、やらない方がいいよー」と言っていたけれど、仲間のいる心強さと興味津々な気持ちが勝って、試してみることになった。

五十音と数字と、はい、いいえの真ん中に鳥居のようなものを書いた紙が出来上がった。

誰かが10円玉を用意する。

「じゃあ、誰からやる?」ということになり、名乗り出た4人で

それぞれの人差し指を10円玉に置いた。

そして、なんとなく顔を見渡し合う。

「それじゃあ始めるよ。」自然に誰かがリーダーシップを発揮する。


「こっくりさんこっくりさん、どうぞお越しください。

お越しくださったら「はい」の方に行ってください」


1度目の呼びかけで10縁玉は全然動かなかった。