• 中島未来

<間違いを認められないとき>


間違えた、なんか違った、

他の方法や考え方があるかも知れない・・・

そんな風に自分を振り返る、

違っていたと感じたことを認める、

すごく大切なことだなあと考えています。

「すべては最適だから」とか、

色々と「自分への言い訳」や無かったことにする

考え方もあるけれど、

そればっかりだと、自分が成長出来なくなったりする。

私はある時から「生きとしいけるもの全てが

笑顔で幸せに生きていくことが出来る世界を創る」ことを

人生の目的に見据えているけれど、

世界を変えるのは、一人一人が変わっていくこと、

それが本質なんじゃないかなあと。

私が母親としてやっていることも、

仕事としてしていることもサポート。

息子が大人になる過程でのサポート。

クライアントさんが自分で変わる過程でのサポート。

学び、気づいて、自分が変わっていくこと、

個人の変化が全体の変化、

世の中の変化という集合体になる。

誰かを変えよう、何かを変えようとしている時、

方向も方法も、みんな間違っちゃう感じがする。

お医者さんだって、患者さんが治ろうとするプロセスの

サポートだもんね。治してやろう、変えてやろうと思うのは

わずかながらずれてしまうのかも知れません。

自分に変化を起こすことは出来る。

誰かを変えることは出来ない。

出来そうに思っちゃうんだけどね。