• 中島未来

<焦っている時にするといいこと>


何かを勉強しなきゃ、新しい何かを学ばなきゃ、手にしなきゃと思っているとき、

心の中で起こっているのかな。

「今のままじゃダメかも」という、足りない感覚からの焦り。

今の自分の能力では足りなさそうだから、新しい資格を取らなきゃとか、

今のままの知識では足りないから、もっと知識を得なきゃと奔走する。

そんな時は「自分は何を持っているのか?」を見つめ直すことにしています。

持っているもの、持っている能力に感謝できている?

充分、いやいや、十二分に使っている?

何かに影響を受けた?

そして、

「そもそも、私は何をしたいの?」

人はどうしても、万能選手になりたがる。

人よりも長けている私、

人よりも能力の高い私、

人よりも器用な私。

人と人は、同じことを手がけたとしても比べることは出来ないし、

比べる必要はない。

同じことを手がけたとしても、結果も、及ぼす影響も違う。

自分がどう人生を生きるのかを決め、そのためにはどんな特技が必要なのかを決め、

持って生まれてきた私たちだから、自分が持ってきた特技はみんな違う。

足りない自分に焦っている時こそ、立ち止まって、腰掛けて、

自分の中にあるものを、ちゃんと見据える。

深呼吸も忘れずにすると、心がすっと落ち着き、

本当の想いが見えてくる。