• 中島未来

<信じる心を創る「アハ気づき」>


アハ気づき体験をしたことがありますか?

アハ気づき。

今までずっと疑問に思って来た出来事、

相手の感情、自分の感情、真実。

自分が探し求めていたことに「はっ!」として、

「そうだったのか~」と深く腑に落ちる気づきの体験です。

この経験が多くなると、自分の思考の枠が外れ、

現実も大きく変化することが起こるようになって、

変化のフローに乗れる人も出てきます。

私にとってのアハ気づきの例。

それは、10年くらい前に仕事をしていたレストランに関すること。

都内に二店舗、某大使館の中に一店舗、沢山のスタッフが働き、

毎週末のブランチは外国人や日本人のファミリーやカップルで混みっぱなし。

とても活気に溢れた忙しくも楽しいお店。

オーナーはカナダ人で「お客さんとスタッフはイーブン(同等)。

だから理不尽なことを言われたら、無理に謝ったり、我慢する必要はないよ」と

いうスタンスの人でした。

私自身も自分らしく、そしてスタッフみんなが「自分らしく働けている」

最高の職場でした。多国籍な職場だったので、文化や習慣の違いなどを超えて、

お互いを認め合い、そしてぶつかる時はぶつかって和解して、

今で言う「多様性」を活かしている場所でした。

仕事を始めて3年ほど経過してから、お店に何かが起き始めました。

まず目立って気づいたのが「店内が清潔感が無くなって行く」こと。

お掃除もいつも通りやっていたのですが、それでもいろいろなところが汚れる。

煤けてくる、暗い雰囲気になる・・・・

なんと言うか、店内に不協和音を感じるようになるのです。

そして、お客さんが徐々に徐々に減り始めたのです。

ランチは毎日5から6種類日替わりだったものが、種類が減り、

食べ放題形式になり、内容がありきたりのウキウキするものではなくなり・・・