• 中島未来

<自分軸を発見する虎の巻:心が疲れちゃう自分の習慣を変えるの術>


ここ数週間、自分の行動習慣を変えていました。

どう変えていたのか?というと「以前していた考え方に戻してみる」こと。

お仕事を手伝っているところで、スタッフがどんどん減らされているという話題が出たところで「このまま最低限の人数になったらどうなるんでしょうね??」と不安になってみたり、

上司の不満に一緒に頷いてみたり、

テレビのニュースを見て「将来、日本の年金はどうなっちゃうんだろう。蓄えがほとんど出来ない間に、何かあったらどうしよう」と考えてみたり、

ニュースに出てくる「加害者」と呼ばれる人を非難してみたり、

満員電車に乗ることのなった時、「あー、きつい、苦しい、暑い!」とイラついてみたり、

政治の話題に憤ってみたり、安倍内閣を罵ってみたり、

足をぶつけたら、テーブルの脚に文句を言ってみたり。

自分が以前していたのと同じ「考え方、感じ方、反応」をしてみました。

で、何が起こったかと言うと、

心がヘトヘトに疲れてしまいました。

疲弊の大半の理由はドンと重くて低いエネルギーが及ぼす影響です。

波動ってやつですね。

この低いエネルギーって、俗に言う「取り越し苦労」とか、「被害者意識」とか、「責任転嫁」と呼ばれるものに姿を変えられると思います。

私は母親から「あなたって、ほんっとうに悲観的ね」と気付いた時に言われていました。そして、実際に自分でもそう思っていたし、常に何かを心配して「私は不幸な星の下に生まれたんだ」と、会った事もない「神様」を呪ってました。

その期間はとっても長かったと思います。おおよそ息子が保育園の年中さんくらいまではバリバリそう思ってました。私は悲観的で、人よりも苦労が多くて、かわいそうな人だって。

数日前にも書いたのですが、私たちは自分が思っているように、信じているように、自分の人生が創造されていきます。信じていると言うとイメージが湧かない場合もあるけれど、違う言い方をすれば「自分が選んでいる考え方が現実になっている」。

お金が足りなくなるんじゃないか、沢山手に入らないんじゃないかと思っていれば、その通りに月の支払いで出たばかりのお給料がすっからかんになくなったりします。

この企画は断られるんじゃないかと考えれば、先方から断られて自信をなくします。

この人は浮気するんじゃないかと思えば浮気をされるし、

何か言ったら逆ギレされるんじゃないかと思えば、しっかり逆ギレされるし、

悪いことは続くんだと信じていれば、悪いことは起こり続けます。