• 中島未来

世界を丸ごと受け入れられた時にあなたに起こること


GWが始まりました。旅行に出かけている人も多いんだろうなと思います。

サービス業に居たことが長いので、一般的な長期休暇に出かける習慣の無い私。

仕事をしたりして過ごしていますが、今年の春は今までとはちょっと違います。

何というか、物凄い大きな空間的な部分が変化していることと、自分自身も丸ごと細胞レベルで変わって行っている感じ。

ギリギリギリ、ギギギギーーーーーと自分が「改造人間になる感じ」とでもいうか。あー、上手く説明出来ないことがもどかしい。

でも、この「言語表現としてまとまらない」のも、かなり珍しいことなのです。

3月の終わり頃から、自分の中から「これが嫌、あれが嫌、こんな世界が嫌、こんな人々が嫌!」と、嫌なことがドクドクと溢れ出てきていました。

嫌な気持ちが増殖しないように、テレビを見る時間を極力減らしたりもしました。都会の真ん中で世捨て人になるのも結構いいものですが、内側から溢れる感情と、それに伴う変化は、自分の意思に反して止まることを知りません。

更には、体調も思わしくなくなったりで、「これは抵抗しても仕方ない」と諦めました。

それから、本を読んだり、最近はほとんど見ることがなかったDVDを見たりしていました。

そんなことをしながら1週間ほどした休日の朝、私は答えを手にしました。

その答えは、

「世界はこうであると受け入れよう」ということでした。

この「世界はこうであると受け入れる」って、「諦める」ことでも

「仕方なく迎合する」ことでもありません。

世界は、どんな方向に進んで行ったとしても、どれほどの年月が経とうとも、

「全部がいいこと」にはならないということ。「もっとこうなればいいのに」や「こういう部分は変えていきたい」というものを、必ず含んでいる。

それが「世界」だということを、自分の中に深く受け入れるということ。

思えば、私は光と闇があることも、陰陽があることも、満ち欠けがあることも、出会いと別れがあることも、頭では分かっていながら、心で理解していると思いながら、依然、受け入れない部分と受け入れる部分を選り好みしていたんです。

嫌な部分は拒否して、拒否して、自分の望む形に変わることを願って、期待して、行動して、そうしない人、出来