• 中島未来

欲しがらないのは満たされているから


あなたは今、欲しいものがありますか?

何が欲しいですか?どれだけ欲しいですか?

では、質問を変えてみます。

あなたは、日本の四季の中で、どの季節が好きですか?

夏ですか?春ですか?

では、その季節が1年中続くとしたら、それでもその季節が好きですか?

では、更に質問を変えてみます。

あなたは「期間限定」や「数量限定」という言葉に弱いですか?

人は、満たされている時、それ以上何かを欲したりしません。

お腹がいっぱいの時に、それ以上食べたいと思わないのと同じことです。

そして、今、目の前にない、手の中にないから、それを手に入れたいと思います。

その欲しいものに限りがあると分かると、余計に欲しくなります。

簡単なことですが、何かを欲しがるということは、足りていないからです。

満たされていないから、何かを手に入れたいと思うのです。

でも、自分の胸に手を当て、自分の心と自分の目の前の現実に聞いてみてください。

「あなたは満ち足りていないのですか?」と。

あなたが、たくさんのお金を欲しがる時、単にお金が欲しいのではなく、

お金を使って手に入れられるものが欲しいと思っています。

それは、ジュエリーかも知れない、新しい洋服かも知れない、もっと高級な家具かも知れないし、

もっと広くて交通の便の良い家かも知れない、高い化粧かも知れないし、年に何回か海外旅行に

行きたいのかも知れません。

でも、あなたは本当に満たされていないのですか?あなたは、充分に必要なものを

既に持っていないですか? あなたは何枚洋服があり、何足の靴がありますか?

その洋服も靴も、去年買ったばかりのものではないですか?