• 中島未来

炎上覚悟で生きる


自分を生きている人と聞いて、誰を思い浮かべますか?

私の場合、最近のラインナップは

・キングコング西野氏

・ナスD

・貴乃花

です。

この3名を見ていて共通点に気がつくでしょうか?

それは、

よく炎上する人たちだということ。

炎上するということは、彼らの口から出る発言や、態度が

気に入らない人がいるということで、

自分のことを好きか、嫌いかという人たちにはっきり分かれる訳です。

ただ、「気に入らない」には2種類あって、

なんか、もう、理由もなく嫌い!気にくわない!というのと、

自分もそんな生き方したいけど、出来ない。悔しい、羨ましいというもの。

自分を生きるって、周りに遠慮はしないので個性が丸見えです。

その感覚が合わない人ももちろんいるし、共感できる人もいる。

これは、以前に書いた2・6・2の法則で、世の中には

自分のことを何の理由もなく大好きになる人2割、

何の理由もなく、自分のことを嫌いになる人2割、

何とも思っていない人4割となります。

誰かの気に障ることを言わないようにしよう、嫌われないようにしよう、

そんな行動をしていると、自分の心から素直に思ったことを口に出来なくなる。

自分らしい行動を取れなくなる。

だから、自分らしさを生きるって、人によっては「炎上覚悟」なんです。

でもね、自分らしさの炎上が何か問題ありますか?