• 中島未来

コーチ?「自分軸スペシャリストです」


自分のやりたいこと、辿り着きたい場所、見たい未来の世界が変わってくると、

今まで自分に色々なことがしっくりしなくなります。

私にとっては仕事を現す「肩書き」が、どうも当てはまらなくなって来てしまいました。

「コーチ」と一言で表現しても、様々タイプが存在すると思います。学んだ流派とか、個人の特性、経験なども関係するでしょうし。

私は「カウンセリング・ヒーリング」と、「コーチング」、両方のコンセプトを使ってセッションをしています。

そして、特性はHow Toではなく、目の前のクライアントさんの生きた言葉、感情、感覚の中にあるヒントを「直感」で掴み取り、そこからセッションを展開していきます。

一番の大事なポイントは、目の前にいるクライアントさんは、みんなそれぞれが個々の個性を持っていて、個々のバックグラウンドも、魂が学びたいこと、挑戦の内容、魂度、波動、状態が異なること。

まさに、「生(ライブ)の感覚を掴む」ことが、最重要なことであり、

一番のヒントになります。

セッションの前に5つの質問というのを事前にさせて頂くのですが、

セッションの申し込みから当日までに、実はクライアントさんには色々な出来事が起こったりするケースが多く、事前にもらった詳細や情報と当日の状態の二つが揃った時が万全のスタートになります。

私にとって、クライアントさんに限らず人を限られたリストに当てはめることは、あまり意味がないと思っています。そして、当てはめることが、「当てはめられたものになろうとする」行動を引き起こすので、より状況をややこしくすることが多いのです。

「私の持っている特性はなんぞや?」と改めて考えた時、自分の得意が見えてきます。

セッションをしている時、お話の相手の言葉や取り巻く状況のなかに「うん?」というひっかりが出てきます。それは、空間の中にふっと出現する「感覚」です。

相手がお話している文脈の中の、着目すべき部分が「太文字で浮かび上がる」ような感じというのでしょうか。

これは、文章を読んでいても、同じように持つ感覚です。