• 中島未来

<自らの人生をかけてジャックが教えてくれた、絶対に忘れたくない大切なこと>



かなりの私ごとですが、9月5日の土曜日に、13年と9ヶ月を共に暮らし、共に過ごした愛する犬のジャックが旅立ちました。

心臓を始め、身体の何箇所かに不調があったジャックは「完全に健康」というわけではありませんでしたが、それでも毎日を穏やかに過ごしていました。予測していなかった、急なお別れでした。




心をえぐられそうな出来事の中で、私は一生物の宝物をジャックから受け取ったことに気がついたのです。

そして、それは私が独占するものではなく、沢山の人にも知って、手にしてもらいたい。そう強く感じました。



ジャックが私に残した気づきという宝物は実はたくさんあったことに急に気づかされたので、それをこれから綴っていこうと思っています。




ジャックにいくつか病気が発覚し、辛そうな時、苦しそうな時、「元気だったら、どれほどいいか」と思っていました。



どれほどいいかというのは漠然としているけど、健やかな状態は本人には楽だし、

心配しないでいられる自分の気持ちも楽だから、そう思っていたんだと思います。




ジャックの健康状態の心配が「後どれだけ一緒にいられるんだろう、どれだけ長くジャックは苦しまなければならないんだろう」という命の期限に及んだ時、死を意識することがどれほど面倒をみる側にも堪えるだろうと感じた。



元気になってくれるか保証のない不安、回復するかどうかの焦り、回復しても完治はしない現実への切なさ、死に向かって1日1日近づいていくような恐怖と絶望感。こういう気持ちと、どう折り合いをつけているんだろう?と。

でも、この考え方全く違っていました。




ジャックが亡くなり、強烈に分かったことがある。それは、お互いが万全でない時、例えば健康に不安がある時や、悩んでいる時、

喧嘩している時などでも、お互いがお互いのことを想い一緒に過ごしていること、心を寄り添わせているというその現実が、どれほどかけがえのない幸せなことなんだろうかということ。




相手のことを心配し、想い、何か行動すること、それがどんなに小さなアクションであっても、日常的な行為であっても、それがどれほど自分のことを幸せにしているのか、私はジャックとの別れまで気がついていなかった。




生前のジャックに、いつものようにご飯を用意したりお散歩したり、時には家でお風呂に入れてあげたり、抱きしめたり、