• 中島未来

生きるということ

親友が逝ってから、もう6ヶ月が過ぎようとしている。

6ヶ月って半年だ。1年の半分。

昨年、親友が病を克服しようとしていた1年を見ていて、

1年間という時間の経過を強く体感していた。毎月毎月の記憶が鮮明に残っている。

あの1年を思うと、半年という時間がどれだけ尊いかと感じる。

去年の今頃、親友は元気だった。生きるために、翌年も、そのまた翌年も同じように日々を過ごすために、人生という年月を重ねるために、病に正面から向き合っていた。

ある時、親友は自分は結婚に向いてないと言っていた。

結婚しないとほのめかしながら、旦那さんと出逢い結婚した。

そして、諦めていた子供たちを授かって、楽しくも懸命に子育てしていた。

親友と一緒に写る写真を見つける度に、彼女が今、いないことが本当に不思議に感じる。おばあさんになっても、仲良く集まって楽しく話をしているつもりだったから、一緒に歳を重ねるつもりだったから、それが出来ないことが不思議で仕方がない。

私が過ごしている今日は、彼女がなんとしてでも生きていたかった「今」という時間なんだと、私はことある度に思う。

親友が積み重ねられなかった時間を、私は今も生きている。

親友のこともそうだけれど、予測不可能な現代で、

私は、毎日を自分が本当に望むように生きることが、どれほど大事なことなのかをひしひしと思うようになった。

自分の心が躍るような、心が震えるような生き方をしないなんて、本当にもったいない。

毎日に中に、惰性を感じる瞬間があった時、私はいつも親友を思い出す。

彼女が生きたかった今を、私は全力で大事に時を重ねようと思う。