• 中島未来

新しい世界への序曲=政治不信を斬る=

新型コロナウィルスの出現は、それだけが突出して問題な訳ではなく、

逆に、コロナウィルス出現前からずーっとお座なりにされていたことが

数珠繋ぎに浮き彫りになる機会だった。コロナが出現しようがしまいが、

人間の生き方が地球という、こんなにでっかい物に影響を波状攻撃的を

与え続け、目に見えづらい生き物から人間よりも大きな生き物まで、

恐ろしい数の生態を絶滅させて、とうとう1年の間に何度も何度も、

人間の生活を脅かす自然の脅威がやってくるというサイクルに陥っている。



「経済の立て直しを!経済の立て直しを!」という想いが、巷には渦巻いているけれど、

私は私の脳に問いかける、「経済って、誰のために、どう世の中を動かすことなんじゃいな?」と。


経済って大きく括ってしまうと、正直言って正体が分からなくなる。

申し訳ないけれど、一番目に付くところに焦点を絞って注視すると、

「特定の人間が、限られた利権を死守して、甘い汁を貪り尽くす」という実体しか見えない。日本に限らず、海を挟んだあの国や、あの国だって、こっちが恥ずかしくなるくらい

政治的、社会的に高い地位にいる人間が、自分たちだけ良い思いをするため、

自分たちが世界を牛耳っているんだと越に入りたいがために、法律をいじくり回して、

正当な意見を持って立ち向かう相手に対して、圧力と暴力で抑え付け、黙らせる行為を堂々と行っている。こういうことがまかり通っている世界って、正直こんなふうに表現出来そうだ「終わってる」って。


子供たちだって、メディアが報道する内容にきっと呆れてる。「大人ってくだらない。大人になった世界がこんなものなんだったら、大人にいる意味が分からない」そんなふうに感じているんじゃなかろうか。


変化球つけても、ひねりをつけても、嘘は嘘。まかり通らないものは通らない。

「嘘をつくな」と子供たちを諭す大人は、公の場所で公然と、または焦りに引きつった顔で

それでも嘘をつくのだ。


選挙で選ばれた特定の「誰かさん」にも、不特定の「誰かさん」にも、常々聞きたいを思っていることがある。「あなた、どうして議員になったんですか?あなたが目指す未来は、進む世界はどんな世界なんですか?」と。ワイロまみれの議員が記者の質問にこんな風に答えていたっけ「世界を変えるために議員になったんです」 世界を変えたい人って、ルールを破ってお金で人を貶める行為を平然とするんですねって、本当にシニカルな笑いが自分の口からこぼれ出た。世界を変える前に、自分の性根を変えなさいって。スタート地点に立つ前からルール違反する人って、そもそもレースに参加する以前の問題です。



私は様々な媒体を通して、国会やら、政治家の活動場所が一部見ることが出来る。

媒体の中にいる向こうの人たちは、こちら側の景色が見えているんだろうか。

まるで、昔のテレビ番組の時代劇みたいだ。城下のことが分からないお殿様やお姫様は、

返送してわざわざ城下まで来るんですよ。


毎日、自宅のお風呂に入っている人に、お風呂屋さんに毎日通う人の日常は見えない。

なぜだか議員になるために日常知らない新天地に現れて、「私はこの街のため、

ここに住う人たちのために尽力します」って、一体何するために現れたのか分からない。

でもね、適任者を選べるように、みんなが投票する権利を持っているんじゃないのか。