• 中島未来

怪談を書こうと思いました

先日、たまたま「怪談」を集めた本を読みました。

怪談話がもたらす、背筋と皮膚がゾッとしてざわめく独特のあの感じを

体験しました。


私は特別霊感が強い訳でもなさそうで、

体験的には「平均以下」。

以前、視てもらった時に

「自分では感じなくても、以前人が沢山亡くなった場所などは

行かない方がいいよ」と忠告を受けました。


そんな霊感には甲乙つけがたい私が、今までに体験した

怖い話を文字に起こしてみようと思った次第です。


年間1回もないので大した数はないですが、

とりあえず書いてみましょう。


第一話は、小学校時代に流行った学校の怪談「花子さん」の体験実話。