• 中島未来

一緒に経営はどうでしょう?

東京都にある飲食店は、更に1ヶ月間の時短営業を要請されていますね。


飲食店に限らずですが、1社で経営が難しくなっているのであれば、

2社で一緒に新しい経営、運営を試みるというのはどうなんでしょう。


それぞれが、お互いに場所を持っていることで経営が逼迫されるのであれば、

経営理念や指針が共有出来るところと一緒に、力を合わせて新しいカタチで

新しい世界を紡ぎ始める。


人数が沢山集まると、以前よりもアイデアが色々発掘される可能性も高い。

支え合う仲間がいるって、心理的にも現実的にも心強い。



「何をそんな馬鹿げたことを!」と思う人もいるかと思います。

でも、今までは考えもしなかった、実行しようなんて思いも寄らなかった

アイデアや方法に、どれだけ固まった考え方をぶち壊してチャレンジ出来るのか。


自分だけ、自分たちだけで固持するのではなく、誰かとシェアする、分け合う。

その新しい世界の在り方に、自分たちも賛同出来るのかどうか。



そういうことを、この新型コロナの台頭が問いかけているのだと、

私は個人的に勝手に感じています。



大手企業は、経営している様々な形態のレストランを、コンボさせたりして

新たな道筋を模索しています。確かに資本があるのは確かですが、大手だけが出来る

手法ではありません。



やっぱり、どれだけ既存の考えに左右されずに、柔らかな発想で、

まだ誰もやったことがないことに着手出来るのか。



それが、新しい世界で生きていくためには大切なことだと思います。