• 中島未来

トイレの花子さん(実話)

小学校6年生のくらいの時のことです。


いつから、どこから ともなく、

「トイレに花子さんの霊が出る」ということが話題になりました。


トイレの花子さん話は、子供向けの雑誌や本にも多種多様な内容で書かれていて、

友達との間でも「1階体育館近くのトイレでは血の水が流れる」とか、

「トイレから出られなくなる」などの噂が花盛りでした。


ある日のお昼過ぎ、クラスの友達から

「今日の帰りに、トイレで花子さんを呼んでみようよ」と誘われ、

総勢10人くらいのクラスメイトが残ったように記憶しています。


そして放課後。

その日の放課後はまだ暖かくて、記憶を辿ると秋の初めくらいだったように

薄ら覚えています。教室から廊下の角を曲がったところにある、少し大きめの

女子トイレにみんなでワイワイと向かいました。


そのトイレは、東側方向に校庭に向いた窓があり、左には水道が3つに鏡が3つ、

一番左端にはモップを洗う用の深めの水道シンク、窓に向かって個室が3つくらい、

右側には個室が5つほど並んでいたように思います。


入り口扉は開戸で、胸の高さから上には磨りガラスをはめた窓。

いつもは何の変哲も感じない扉が、なんとなく異彩を放っています。

トイレの前の廊下には西日が思いのほか陽が射し込み、トイレの扉がはまっている

校舎の壁まで明るく照らしています。


まず、1組目のグループがトイレに入っていきます。人数は4人だったと記憶しています。

トイレの中で実際に行っている行動や声は、扉のこちら側からでは窺い知ることは出来ません。残った私たちは扉の両側に分かれて、次に起こる「何か」を今か今かと待っていました。


数分後、第一グループの面々がゾロゾロと出てきました。

「どうだった?」「何も起こらなかったー」

「じゃあ、次は誰と誰が入る?」

そこで、我こそはと第二グループが入って行きます。そして、そのメンバーに

私自身も加わっていました。


2回目のグループは全部で4人。

後ろ手に扉が閉まり、トイレ全体に静寂が満ちて行きます。

みんな、いつもと違ってなんとなく真剣な面持ち。

そこで「どうやってやるんだっけ?」と確認が始まりました。


トイレの花子さんの呼び出し方というか、呼び掛け方は色々あります。

私たちがこの時試したものは、全員で手を繋いで輪になり、籠目カゴメのように

ゆっくりと「三べん回って花子さんー」と三回歌いながら、三回ぐるりと

回るという方法でした。


「三べん回ってはーなこさーん」1周目、何も起こりません。

2回目、変化はありません。