• 中島未来

ジャックと私に起こった奇跡

自分(の意識)が変わると世界が変わるって、こういうこと?

先週の週末から、持病に併発した肺水腫で呼吸が苦しくなり、

酸素を供給するボックス内で安静にしていることしかできなくなったいた、

愛犬のジャック。

2日前までは、自宅に注射まで受け取って来て、状態が悪い時は利尿剤を打つことまでしなければならなかった。

その翌日の早朝5時、ジャックが起き出したらしい物音に目が覚めて、酸素ボックスまで見にいく。

お水やシートを替えてあげ、ボックスの前に決意と共に腰を下ろし、時間をかけてジャックのヒーリングと、自分の心とジャックとの対話をすることにした。

片手をジャックの背中に当て、地球と宇宙のエネルギーを自分自身を介して、ジャックに循環するように想像して、やってみる。

そして、ジャックが自ら学ぶことと、私がジャックと日々を共にすることで学ぶことに関して思考を巡らす。

ジャックが学びたかったこと、体験したかったこと、得たかったことは全て得られているだろうか。私はジャックとの人生で、何を学べているだろう?

ヒーリングをしながら自分の中に深く分け入り、あちらこちらへと探索をする。


そして、私がジャックが病を患うことで学ぶことがなんだったのかに気がつく。





「そう、そうだったのね。ちゃんと学べてるよ。」

私は昨年、友達のご主人と大親友の女友達を亡くし、

「大切な人を失う」という恐れを、

自分の表層に常に意識として纏っているような感覚がある。

大事な相手を失ったらどうしよう、失うのが怖い、その時私はどうなる?

その時が来るとしたらいつ?私は何ができる?・・・・

そんなことをつらつらと考えてしまったりするんです。

でも、そんなことを考えていて、どうなるんでしょう?

私はその時に、自分がこんな想いを抱えていることに気がつきました。


相手の想いを尊重したい。相手の人生の意図を大事にしたい。

相手のタイミングを尊重したい。


イコール、自分の想いは抑えておくということでした。