真の自分に目覚めた後に
私を待っていたライフワーク

​”あなたと世界の豊かさを循環させるには”

​ 世界には、自分の人生を数回繰り返せるほどの富を手にしている人もいます。その反面、日々の暮らしに四苦八苦している人もいます。
豊かさの基準は、住んでいる場所、文化、習慣などで様々ですが、大切なのは、その人が​「どんな想いをお金に載せ、どんなことにて使っているか」です。お金は貯め込めば良いものでもなく、逆に血液や河の流れと同じでせき止めたり、滞ってしまうとその循環が上手く行かなくなります。自分にも流れて来なくなります。

宇宙の法則は、「自分が出したエネルギーは、より倍増したエネルギーとなり、自分に戻る」ということ。
あなたがお金に沢山の人の幸せや生活の改善、環境改善の想いを乗せて流していくと、その流れは大きな主流となり、あなただけではなく、沢山の人に恩恵をもたらします。

是非、あなたの想いを乗せて『ゲームチェンジャー・インテンシブ:「世の中を変えていく仲間(= Game Changer)のための集中講座(= Intensive)以下GCI」を日本で大きく展開していくために、資金的な支援としてご協力ください。

 

 

 

 

ゲームチェンジャーインテンシブは、

特定非営利活動法人(NPO)

セブン・ジェネレーションズが行っている

プロジェクトです。

NPO法人セブン・ジェネレーションズ(Seven Generations)は、チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムを初めて日本に紹介した榎本英剛によって2009年4月に設立され、2011年3月に初代代表理事 塚田康盛と赤塚丈彦により、特定非営利活動法人(NPO)として成立しました。

 


セブン・ジェネレーションズとは「7世代」を意味し、アメリカの先住民が何かを決断する際、必ず7世代あとの子孫に与える影響を考慮するという風習を指すと同時に、「7つのものを生み出す」という意味もあり、この活動を通じて「気づき・智恵・つながり・ビジョン・行動・勇気・希望」の7つを生み出すことで未来の世代に持続可能で公正な世界を受け渡したいという想いを込めています。

 

 

 

【日本や世界の現状は?】
 

私達が暮らす現代社会は日進月歩の勢いでテクノロジーが
進化し、人間の持つ創造性が様々な分野で花開き続けています。
その恩恵によって、私たちの日々の生活は快適で便利なものとなり、
携帯電話、インターネット等、数十年前には予想もしなかったものが
生み出されました。

 

一方、大規模な南極の氷河の分離、アメリカ各地での豪雨、洪水、
中国での大規模な豪雨と暴風の被害、大規模な環境汚染など、
地球規模のさまざまな困難や危機が起きています。
また、このほどアメリカ海洋大気局は、2016年の世界の気温が
観測史上最も高かったと発表しています。

 

日本でも、北海道への3つの台風上陸での被害、
今年の九州地方での大雨被害、毎年の関東の水源の枯渇、
イカやさんまなどの漁獲資源の大幅な減少、
沖縄よりも気温の高い本年度の北海道など、
激しい気候変動による異常気象が起き、大規模な被害も出ています。

また、福島の原発事故による未だに収束しない放射能汚染によって、
多くの人が不安を抱えています。
自然災害以外にも、世界各地での紛争、戦争、テロなど、
ネガティブアクションのスパイラルが起きています。

 

 

【私たちに必要なものとは】

私たちは、このような世界の中で、大自然の一部としての私たちのあり方を見つめ、創造性を発揮して、地球規模での気候変動をくい止め、そして世界のどこに生まれたとしても充実した生き方を選びとるチャンスがあるような世界にしていかなければなりません。

私たちは、そのように世界を変えていく力を持っているのです。まずそのことに「気づく」ことが必要です。そしてその気づきは行動として表され、世界を変えていくのです。
 



【ゲームチェンジャー・インテンシブについて】

私たちが提供しているプログラム「ゲームチェンジャー・インテンシブ」(略称:「GCI」)は、この時代に必要な気づきを得て、この気づきから行動を始めるためのプログラムです。

私たちは、いま起きている問題を正確に知ること、そして共に力を合わせ共に行動する仲間の存在を知ることから始めます。国家や国連のような大きな組織の活動を待つのでなく、私たち一人ひとりが今起きている全ての現実を「自分のこととして捉え」、今の状況を作ってきた世の中の仕組みを変化させる必要があります。社会に対する自分の捉え方、自分が信じ創り出している物語が真実であるのか、望む世界であるのかを自分自身に問うことから変化は始まります。このように、自らの変化をスタートに社会の仕組みに変化を起こす人たちを、私たちは、ゲームチェンジャーと呼んでいます。そのようなゲームチェンジャーが、集まり、つながり、学び、対話して、更に大きな意識と行動の変化を加速させようとしています。

私たちは、そのためにゲームチェンジャー・インテンシブ:
「GCI」を日本で大きく展開し始めています。

ゲームチェンジャー・インテンシブ:GCIは、
米国のパチャママアライアンスによって、開発され、
日本では私たちGCIプロジェクトチームによって日本語化され、
2017年1月より、公開・運営されています。既に1月期、

4月期、6月期、8月期が実施され、
1万人のゲームチェンジャーを生み出すことを当面の目標としています。

​こちらの動画で、GCIが分かりやすく紹介されています。

 

 

【あなたの想いはこんなことに使われます】

このプログラムの実施のためには、翻訳費用も含め、2017年と2018年で1000万円程度の資金が必要です。現状は、現在ご参加いただいている参加者からのご寄付と運営チームのメンバーからの貸付によって運営しています。今後の発展と展開のために、更なる資金的な支援が必要です。

あなたの支援は、この講座を準備する人、受講する人を支えます。あなたの支援が、世界の現状を変えるのです。寄付というかたちで世界の現状に貢献できるのです。あなたからの資金援助・ファイナンシャルサポートをお願いします。

 

 

 

【GCIの8週間のプログラムの概要】

1週ごとに1つ、合計8つのテーマが用意され、対話を重ねながら気づきを得、

その気づきを行動につなげていきます。
 

第一週:「ゲームチェンジャー」になるための基本的な考え方やコンセプトを学びます。

第二週:「大変革」もしくは「大転換」と呼ばれる新しい物語を知ります。

第三週:「人類の進化の一端を担うアクティビズム」とはどんな概念なのかを探究します。
第四週:「現代の危機的状況」は解決でき、それを可能にする決意を持続する対話をします。

第五週:「社会一般の権力と特権の構造」の実態例に注目し、その影響を認識します。

第六週:「民主主義」という、すべての人々のためになる集団的意思決定の方法を再認識します。
第七週:「気候変動」の新しい視点を得「どう立ち向かうか」について新しい視点を得ます。

第八週:「私がどのようにあり、何をするか」について、自らに問い、コミットします。

 

あなたの、資金を使って、このプログラムに貢献してください。

​お手続きは、下記URLのページよりお願い致します。

http://www.sevengenerations.or.jp/donate